Poems To The Wretches Hearts

EP(1999)/From:ドイツ/Style:アトモスフェリック

Sun Of The Sleepless EP

【Track】
1.Thou, Whose Face Hath Felt the Winter’s Wind
2.Grimme Pain
3.Nebelmond

【Review】
【Empyrium】のメンバーMarkus Stockによるメランコリックな独りブラック・メタル。

ごく少量の音源を残し、プロジェクトは解体。今は存在しない。もともと生粋のブラッカーでは無く、どちらかと言えばゴシック畑の彼だが、ここではメランコリックなブラック・メタルを演っている。僅か15分のEPだがコレは名盤だろう。そう言えば旧サイトでもチョクチョク名前が挙がっていた逸品だと記憶している。疾走しながらトレモロによるメランコリックな旋律が非常に心地よい#1”Thou, Whose Face Hath Felt the Winter’s Wind”から幕を開ける本作は、随所にギターメロディを切なく奏でグッとメランコリック・ブラック・メタルファンを掴みにかかってくる。だが本当に特筆すべき点は#3のNebelmondであろう。その哀愁たるや筆舌に尽くし難い。一歩間違えるとクサ音源なのだが絶妙な塩梅で踏み止まっており、胸に染みわたる哀しくも美しい音の調べを堪能できるのである。個人的に聴き入ってしまう程の黄昏の極地を味わった次第である。う~ん良い曲だ。

コレはメランコリックなブラック・メタル・ファンには是非とも押さえて欲しい作品。見かけたら無条件即ゲットでOKかと思う。大推薦。